お見合いパーティーで失敗しない為の方法

お見合いパーティーのトークタイムはどう楽しむ?

お見合いパーティーでの失敗談のひとつとして、トークタイムが苦手という声が多く聞こえてきます。
確かに、トークタイムはお互いの相性を確かめる大切な場面ですから、それが上手くいかないと失敗だと思ってしまうでしょう。
ですが、お見合いパーティーで最も大切なことは、トークタイムではありません。
断然見た目の印象が相手の心を左右するのです。
見た目というのは、容姿が整っているということではありません。
ヘアスタイルや、服装、表情、ちょっとしたしぐさ、話し方、言葉遣いなどなど、その人を作っている雰囲気そのものに相手の視線が集中するのです。
その割合は、見た目が7割、トークが3割だと言われています。

 

ですから、トークタイムで「何を話そうか・・・」と悩むよりは、言葉遣いとか話すペースなどに気を使うと良い印象を与えることができるでしょう。

 

普段話し下手でなかなか恋愛のチャンスを掴めないという人は、あえてそこは苦手のままにしておいて、身だしなみや社会人としてのマナーを身につけることに力を注ぐと状況が変わるかもしれません。

 

そして、相手との会話を自分のペースに持っていけたら、自然と緊張も解けてトークタイムを楽しめるようになれたら最高ですね!

 

「理由はよく分からないけど、この人と話していたら落ち着くな」と思われる人は、お見合いパーティーにおいても嬉しい結果になることが多くなります。
人は言葉ではなく、相手の雰囲気を”感じ取る”力の方が先に動くのですから。

第一印象を上げる方法

お見合いパーティーで第一印象を上げるためには、日ごろからトレーニングが必要です。
”トレーニング”と言ってもそんな大層なものではありませんよ。
むしろお見合いパーティー当日からでも実践することはできるでしょう。
ただ、いつでもどこでも第一印象が良く見られるようになるためには、やはり普段から練習しておくことが大切かと思います。

 

第一印象UPのトレーニング

 

@口角を上げての笑顔
あいうえおの「え」の発生をすると、ちょうど口角が上がります。
口角の上がった笑顔というのは、さわやかで人懐っこさを表現ですから、相手も気持ちよくなります。

 

Aまばたたきの回数減にチャレンジ
人は動揺すると、パチパチ頻繁にまばたきをしてしまいます。
それは、相手もソワソワ落ち着かない状態にさせてしまうので、意識して減らす努力をしてみましょう。

 

B体ごと相手を見て話す
話しをするとき、体ごと相手に向けて、しっかり目を見て話してみてください。
相手の話を聞くという姿勢になりますから、誠意が伝わります。

 

C少し高めの声を意識する
普段、低く小さな声だという人は、ちょっと高いかな?と思うくらいのトーンで話してみてください。
ちょっと高めのトーンで話しをすると、相手に良い印象を与えやすくなるのです。

 

どうですか?
ひとつでも実践できそうなものがあれば、ぜひチャレンジしてみてください。
特に笑顔は大切ですよ!
これらのトレーニングの成果が日常的に現れたら、お見合いパーティーでの成功も期待できますね!

更新履歴